最新の音声通話分析の調査で、ベリントが顧客および製品満足度で高評価を獲得

ベリントは、顧客分析ソリューションにおけるイノベーションで、『Speech Technology』および『CUSTOMER』の両誌からも高評価を獲得

2016年9月16日 ニューヨーク州メルヴィル発

本日、ベリントシステムズ(NASDAQ上場:VRNT、ベリント)は、調査コンサルティング会社DMG Consulting LLC社が発行した最新の「2016/2017 Speech Analytics Product and Market Report(2016/2017年音声分析製品と市場レポート)」で取り上げられている5つのベンダー満足度カテゴリと10の製品満足度カテゴリにおいて、最高得点の満点を獲得したことを発表しました。さらにベリントは、『Speech Technology』誌から2016年の「Speech Industry Star Performer(音声技術界のスターパフォーマー)」としてその名前を挙げられており、また『CUSTOMER』誌からは「Speech Technology Excellence Award(音声技術優秀賞)」を受賞しています。


DMG Consulting LLCの「2016/2017 Speech Analytics Product and Market Report(2016/2017年音声分析製品と市場レポート)」

DMGのレポートによれば、「現行のサービスおよびサポート」、「プロフェッショナルサービス」、「製品改善要求への即応性」、「コミュニケーション」、「ベンダーの総合満足度」の5つのベンダー満足度カテゴリのすべてにおいて、ベリントは満点を獲得しました。

また同社は、そのほかの12の製品満足度カテゴリでも最高点を獲得するとともに、以下のカテゴリでも満点を獲得しました。
 • 利用/構成/保守の容易さ
 • サードパーティのアプリケーションとの統合の容易さ
 • 検索および照会の容易さ
 • 結果の正確さおよびビジネスとの関連性
 • 通話音声分析機能
 • 初回連絡時解決率の改善能力
 • ビジネスプロセス/手順/方針の問題の特定能力
 • 規制要件の遵守率の改善能力
 • 顧客の労力の削減能力
 • カスタマーエンゲージメントの改善能力



『CUSTOMER』誌の「Speech Technology Excellence Award(音声技術優秀賞)」

2016年の「Speech Technology Excellence Award」を受賞したのは、“Verintリアルタイム会話音声分析(Verint Real-Time Speech Analytics)”です。TMCの『CUSTOMER』誌によれば、このソフトウェアは、カスタマーエクスペリエンスを向上させるために設計された音声技術ソリューションにおける革新性を実証しています。ベリントのリアルタイム会話音声分析は、顧客との通話の展開に伴い会話指標を利用して通話内容を分析し、企業側が顧客との会話の中で機会を見つける積極的なアプローチを取ることが可能になります。ここで得られる知見は、顧客と企業双方にとって有益な方向へと対話を導くことに役立ちます。



『Speech Technology』誌の「Speech Industry Star Performer Award(音声技術界のスターパフォーマー賞)」

さらに、ベリントは最近、本人認証/不正検知™(Identity Authentication and Fraud Detection™)ソフトウェアを含む自社のワークフォース最適化ソリューションに対して、『Speech Technology』誌から2016年の「Speech Industry Star Performer」の称号を授けられました。このソリューションは、声紋認証を利用してより迅速に顧客の本人確認を行い、不正検知能力を強化します。またこの称号は、今年前半のContact Solutions社買収に伴うクラウド・ベースへの展開におけるベリントの強みにも向けられました。


「当社製品のエンドユーザーからこのような評価をいただいたということは、企業がお客様とのやりとり一つ一つを効果的に行うことで、その企業の製品を支持し続けてくれる顧客を作りだすことに対する当社の深い関与が認められたのだと思っています。当社の顧客がベリントソリューションの持つ全てのメリットを享受したとき、企業はそれぞれの顧客との関わり方を変革することが可能になります。私たちはそうした変革の一端を担うことが出来ることを誇りに思います」と、ベリントのグローバルマーケティングおよびカスタマーエクスペリエンス担当副社長のライアン・ホーレンベック(Ryan Hollenbeck)は述べています。


ベリントの会話音声分析ソフトウェア、顧客分析スイート、およびより広範なカスタマーエンゲージメント最適化™ポートフォリオの詳細については、www.verint.co.jpをご覧ください。



ベリントシステムズジャパンについて

ベリントシステムズジャパン株式会社は、米国本社ベリントシステムズの日本法人として、ベリントシステムズが開発するワークフォース最適化ソリューション(Verint WFO)、顧客分析ソリューション(Verint 顧客分析)、オムニチャネル顧客応対CRMソリューション(Verint エンゲージメント管理)、ビデオ監視ソリューションなどの日本国内における販売、コンサルティング、サービス業務を行っています。詳細につきましてはhttp://www.verint.co.jpをご覧ください。


ベリントシステムズ(Verint Systems Inc.)について

ベリントシステムズ(NASDAQ:VRNT)は、カスタマーエンゲージメント最適化、セキュリティインテリジェンス、不正・リスク・コンプライアンスにフォーカスし、企業がアクションを起こすための知見を提供するActionable Intelligence®ソリューションのグローバルリーダーです。フォーチュン100企業の80%以上を含めた180ヶ国以上10,000を超える企業や団体が、ベリントのソリューションを導入し、知見を得て、情報に基づいた効果的かつタイムリーな意思決定を行っています。詳細につきましては http://www.verint.com をご覧ください。


本プレスリリースは将来の予測に基づいた記述を含み、この中には期待、予測、見解、機会、計画、戦略、信念による記述や、ベリントシステムズに関して同様の影響を及ぼす記述が含まれています。これら将来の予測に基づいた記述は、未来の業績を保証するものではなく、数々のリスクや不確実性が含まれた経営上の予測に基づいています。このリスクと不確実性によって、実際の結果が将来の予測に基づいた記述によって明示的又は黙示的に表現された内容とは異なるものとなってしまう可能性があります。


本資料に記載されているVERINT, ACTIONABLE INTELLIGENCE, MAKE BIG DATA ACTIONABLE, CUSTOMER-INSPIRED EXCELLENCE, INTELLIGENCE IN ACTION, IMPACT 360, WITNESS, VERINT VERIFIED, KANA, LAGAN, VOVICI, GMT, VICTRIO, AUDIOLOG, CONTACT SOLUTIONS, ENTERPRISE INTELLIGENCE SOLUTIONS, SECURITY INTELLIGENCE SOLUTIONS, VOICE OF THE CUSTOMER ANALYTICS, NEXTIVA, EDGEVR, RELIANT, VANTAGE, STAR-GATE, ENGAGE, CYBERVISION, FOCALINFO, SUNTECH, VIGIAは、米国Verint Systems Inc. および子会社の登録商標または商標です。その他の記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

verintロゴ Copyright © 2016 Verint Systems Inc. All rights reserved worldwide.

トップ