ベリントが最新のオンラインエクスペリエンスへ進化させた
Verint Community™ソリューションの機能強化を発表

Verint Telligent Communityがリアルタイムエンゲージメント機能を強化
参加状況の検知、ユーザー同士のやりとり、コンテンツ、サービスのコラボレーションを実現

2017年4月10日 ニューヨーク州メルヴィル 発

本日、ベリントシステムズ(NASDAQ上場:VRNT、ベリント)は、新しいVerint Community™ソリューションの機能強化を発表しました。本ソリューションでは、ライブユーザーの各種エンゲージメント機能やコメントや議論のための機能性に優れたプラットフォームとコミュニケーション体験の向上機能が提供されています。
今回の機能拡張では、オンラインコラボレーションを促進し、全体的な作業効率とソーシャルコミュニティのエンゲージメントを高めるために、新しいユーザーとグループ管理機能、絵文字や顔文字のサポート、通知の優先付けとカレンダー機能などを強化しています。
リアルタイムのコンテンツアップデート機能、リアルタイムの参加状況の確認、タイピングインジケーター機能、機能性に優れたプラットフォームの新しいスレッド型コメントやディスカッション機能、さらにライブインジケータとキーワード検索機能を含む全く新しいコミュニケーション体験といったライブユーザーの各種エンゲージメント機能が追加強化されています。


・ ライブユーザーエンゲージメントとメンバープレゼンス ― Verint Communityソリューションの新機能は、コンテンツ、サービス、メンバーの参加状況の検知にリンクしています。メンバーの参加状況はライブアップデートエリアにドットでインジケーター表示されるので、ユーザーがオンラインで参加していることが判り、以前よりも素早く確認や対応をすることが可能となります。
・ スレッド化されたコメントとフォーラムディスカッション ― 今回の機能強化により、コミュニティのコメントは視覚的にスレッド化され、ユーザーはリアルタイムでコメントに投票できるようになりました。他のユーザーが応答中の場合はタイプインジケーターを表示して確認できます。さらに投票に応じて古い順、新しい順、自分のお気に入りの順にコメントをソートすることができます。コミュニティのディスカッションもまた、インラインによる新しいコメントを書き込むユーザーを通知するインテリジェントなライブアップデート機能を備えています。スレッド型のコメントと同様、スレッド型のフォーラムディスカッションにもライブアップデート機能、ユーザータイピング表示のインジケーター、ブログなど投稿ごとに付けられるリンクページ、機能強化されたソートオプションが有り、リッチコンテンツは管理者がスレッドや返信にマークアップの種類を簡単に管理できる新しいコンテンツフィルター機能で制御されています。
・ スレッド型のコメントを備えたライブアクティビティストリームと、先進的なコラボレーション検索機能を備えたコミュニケーション — 参加ユーザーの参加状況確認の機能強化により、コミュニティのアクティビティストリームへのコメントやストーリーに対するリアルタイム更新の受信がサポートされています。またVerint Communityでは、プライベートメッセージが新しいユーザーインターフェース(UI)になり多くの機能強化を行っています。具体的な機能として、会話間に移動可能なショートカット機能、進行中の会話メッセージ内のスクロール機能、会話内外の検索機能、および新規会話の作成機能などです。



「Verint Communityは、ソーシャルコミュニケーションとそこに集まる情報を基に、より良い情報に基づいたビジネス上の意思決定を行うことが出来るようになります。つまりソーシャルカスタマーサービス、デジタルマーケティング、従業員エンゲージメントをさらに高めるための価値あるインテリジェンスを元に判断することが可能となるのです」と、ベリントのコミュニティソリューション ゼネラルマネージャーのJon Allenは述べています。さらに「同様に、ユーザー同士が効果的に情報共有できるようになり、オンライン上で問題解決が可能となる進化したカスタマーセルフサービスを体験できます。その結果、サポートコールが軽減され、顧客、パートナー、潜在顧客から新しいアイデアを得ることによって優れた製品を迅速に提供できるようになります。」と述べています。

Telligent®の買収によって、ベリントの Customer Engagement Optimization™ ポートフォリオの一部であるカスタマーサポートおよびデジタルマーケティングコミュニティソリューションは、最新のコラボレーション技術を1つの統合型パッケージソフトに一体化しました。その統合型パッケージソフトはソーシャルアプリケーションとサービスを含みます。企業は、自社の顧客、パートナー及び従業員の興味・関心を創出することが可能になります。つまり外部顧客と社内従業員の両方を含むのですが、顧客と従業員のエンゲージメントを高めながら、ソーシャルカスタマーサービスの提供、ソーシャルコマースの運営、そして顧客との絆を深めることを目的とする、組織のためのプラットフォームを提供しています。


ベリントコミュニティについての詳細と、顧客と従業員の体験を高める方法に関してはこちらをクリックしてください。



ベリントシステムズジャパンについて

ベリントシステムズジャパン株式会社は、米国本社ベリントシステムズの日本法人として、ベリントシステムズが開発するワークフォース最適化ソリューション(Verint® WFO)、顧客分析ソリューション(Verint® 顧客分析)、オムニチャネル顧客応対CRMソリューション(Verint® エンゲージメント管理)、ビデオ監視ソリューションなどの日本国内における販売、コンサルティング、サービス業務を行っています。


ベリントシステムズ(Verint Systems Inc.)について

ベリントシステムズ(NASDAQ:VRNT)は、カスタマーエンゲージメント最適化、セキュリティ インテリジェンス、および不正、リスク、コンプライアンスにフォーカスした、アクショナブルインテリジェンス ソリューションとその付加価値サービスのグローバルリーダーです。今日、フォーチュン100企業の80%以上を含めた180ヶ国以上10,000を超える企業や団体が、ベリントを利用し企業力を向上しています。 アクショナブルインテリジェンスを活用することで、どのようにスマートな世界を創造するか、詳細につきましては http://jp.verint.com/ をご覧ください。



本プレスリリースは将来の予測に基づいた記述を含み、この中には期待、予測、見解、機会、計画、戦略、信念による記述や、ベリントシステムズに関して同様の影響を及ぼす記述が含まれています。これら将来の予測に基づいた記述は、未来の業績を保証するものではなく、数々のリスクや不確実性が含まれた経営上の予測に基づいています。このリスクと不確実性によって、実際の結果が将来の予測に基づいた記述によって明示的又は黙示的に表現された内容とは異なるものとなってしまう可能性があります。


本資料に記載されているVERINT, ACTIONABLE INTELLIGENCE, MAKE BIG DATA ACTIONABLE, CUSTOMER-INSPIRED EXCELLENCE, INTELLIGENCE IN ACTION, IMPACT 360, WITNESS, VERINT VERIFIED, KANA, LAGAN, VOVICI, GMT, VICTRIO, AUDIOLOG, CONTACT SOLUTIONS, OPINIONLAB, CUSTOMER ENGAGEMENT SOLUTIONS, ENTERPRISE INTELLIGENCE SOLUTIONS, SECURITY INTELLIGENCE SOLUTIONS, VOICE OF THE CUSTOMER ANALYTICS, NEXTIVA, EDGEVR, RELIANT, VANTAGE, STAR-GATE, ENGAGE, CYBERVISION, FOCALINFO, SUNTECH, VIGIAは、米国Verint Systems Inc. および子会社の登録商標または商標です。その他の記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。


verintロゴ Copyright © 2016 Verint Systems Inc. All rights reserved worldwide.

トップ