世界第3位のカスタマーエンゲージメントソリューションプロバイダー、アロリカ のアドバンス分析とカスタマーエクスペリエンス インテリジェンス ソリューションが、ベリントの会話音声分析で機能強化され、Fortune 500企業の顧客満足度を向上

アロリカは、ベリントの会話音声分析ソリューションを活用して、世界の有力企業に多くの優れたカスタマーエクスペリエンスを創出

2017年11月28日 ニューヨーク州メルヴィル 発

本日、アロリカ(Alorica Inc.)とベリントシステムズ(NASDAQ上場:VRNT、ベリント)は、アロリカのアドバンス分析とCXインテリジェンスの機能拡張を行ったことを発表しました。本機能拡張では、ベリントの先端的な会話音声分析テクノロジーを採用することで、パフォーマンスの最適化やカスタマージャーニーの強化をはかっています。

音声分析機能が強化されたアロリカのCXソリューションは、Fortune 500にランキングされている多くの企業が、顧客が抱える問題を初回の問い合わせで迅速に解決することで、音声チャネルでのカスタマーエクスペリエンスを向上させることができます。さらに、あまり効果的でないセルフサービス機能や運用プロセスの問題部分を特定し、架電の量やコストを低減することができます。また、共通の通話や話し方のパターンからぶしつけな電話や言葉遣いなどで中傷する潜在的な反対派の人々を特定し、積極的に良い関係づくりを行うことで、混乱を最小限に抑えます。

アロリカは、ベリントのワークフォース最適化スイートと併せて、Verint顧客の声(VOC)音声分析テクノロジーがバンドルされた自社のアドバンス分析とカスタマーエクスペリエンス インテリジェンス ソリューションを顧客に提供します。

「私たちのデジタルプラットフォームを使用することで、アロリカは手作業やランダムでの調査では成し得ない膨大な顧客からの問い合わせの録音音声をより深く分析することが可能になります。これにより、BPO先端企業が、情報に基づいた意思決定やエクスペリエンスの強化、エンゲージメントの簡素化をはかれるため、顧客とリアルタイムにインテリジェンスを共有することができます。そして、顧客の思考、感情、欲求、必要とされることをほぼすべてのコールから確実に把握できます。」とベリントの米国担当副社長兼ゼネラルマネージャであるJonathan Lernerは述べています。

さらにLernerは、ベリントの自動化プラットフォームが、急に増えたような顧客の話題を迅速に発見し、苦情の根本原因を検出し、満足度の測定やエージェントのパフォーマンスの監視を迅速に遂行することができることも説明しています。また、「機能はそれだけではありません。アロリカはカスタマージャーニーのデータに基づいて知見を得ることができます。さらに、顧客独自のニーズに合わせたカスタマイズを施しています。」とLernerは続けています。

アロリカのチーフ・インフォメーション・オフィサー、Jonathan Merrell氏は次のように述べています。「アロリカは、顧客の目的に沿って効率化を推進すると同時に、カスタマーエクスペリエンスを向上させる技術を絶えず評価しています。ベリントの製品群は、データや経験に基づいた分析によって、カスタマーエクスペリエンスを変革するために、これらの目的や我々のコミットメントをサポートしています。“顧客のために価値あるカスタマーエクスペリエンスを創造する“という企業の使命をサポートしてもらうために、ベリントとの関係が深まることを嬉しく思っています。」

業界のグローバルリーダーであるアロリカは、Fortuneのヘルスケア関連企業50社のうちの25社、大手金融機関10社のうち6社、大手通信会社5社のうち4社、大型小売企業のうちの5社に対して、カスタマーエンゲージメントソリューションを提供しています。アロリカのビジネスの70%近くは、医療、メディア、エンターテイメント、テクノロジー、通信、金融サービス、小売、消費財、旅行、ホスピタリティ、および輸送を含むさまざまな業種のFortune 500の企業から構成されています。

世界中で業界をリードする企業は、カスタマーエンゲージメントを競争の差別化要因として認め、より高度なカスタマーエンゲージメントに向けて進化を遂げるためにベリントを信頼し、選択しています。企業は、ベリントソリューションを使用してカスタマーエンゲージメントを簡素化し、顧客と従業員の意識を高め、リアルタイムに重要な情報を共有することで、より迅速でスマートな意思決定、カスタマーエクスペリエンスの向上、より良いビジネス成果の実現が可能です。




アロリカ(Alorica Inc.)について

アロリカは、「人々の生活を豊かにすること」に力を注いでいる会社です。どのように?答えは、オンライン、電話、ソーシャルメディアなどを通じ、顧客のために素晴らしいカスタマーエクスペリエンスを作り上げることです。アロリカは、事業の買収、販売からカスタマーサービスまで、カスタマー・リレーションシップ・マネージメントやバックオフィスのサポートを含め、世界水準の一連のサービスを提供しています。Fortune 500の企業を含む、通信業、金融業、ヘルスケア、小売、ハイテクなど、多様性のあるクライアントに対し、情熱をもってサービスを提供していることを誇りに思っています。アロリカはカリフォルニア州アーバインに本社を置き、世界中の17カ国と11カ所のタイムゾーンの150カ所に10万人以上の従業員を擁しています。



ベリントシステムズジャパンについて

ベリントシステムズジャパン株式会社は、米国本社ベリントシステムズの日本法人として、ベリントシステムズが開発するワークフォース最適化ソリューション(Verint® WFO)、顧客分析ソリューション(Verint® 顧客分析)、オムニチャネル顧客応対CRMソリューション(Verint® エンゲージメント管理)、ビデオ監視ソリューションなどの日本国内における販売、コンサルティング、サービス業務を行っています。


ベリントシステムズ(Verint Systems Inc.)について

ベリントシステムズ(NASDAQ:VRNT)は、カスタマーエンゲージメント最適化、セキュリティ インテリジェンス、および不正、リスク、コンプライアンスにフォーカスした、アクショナブルインテリジェンス ソリューションとその付加価値サービスのグローバルリーダーです。今日、フォーチュン100企業の80%以上を含めた180ヶ国以上10,000を超える企業や団体が、ベリントを利用し企業力を向上しています。 アクショナブルインテリジェンスを活用することで、どのようにスマートな世界を創造するか、詳細につきましては http://jp.verint.com/ をご覧ください。



本プレスリリースは将来の予測に基づいた記述を含み、この中には期待、予測、見解、機会、計画、戦略、信念による記述や、ベリントシステムズに関して同様の影響を及ぼす記述が含まれています。これら将来の予測に基づいた記述は、未来の業績を保証するものではなく、数々のリスクや不確実性が含まれた経営上の予測に基づいています。このリスクと不確実性によって、実際の結果が将来の予測に基づいた記述によって明示的又は黙示的に表現された内容とは異なるものとなってしまう可能性があります。


本資料に記載されているVERINT, ACTIONABLE INTELLIGENCE, MAKE BIG DATA ACTIONABLE, CUSTOMER-INSPIRED EXCELLENCE, INTELLIGENCE IN ACTION, IMPACT 360, WITNESS, VERINT VERIFIED, KANA, LAGAN, VOVICI, GMT, VICTRIO, AUDIOLOG, CONTACT SOLUTIONS, OPINIONLAB, CUSTOMER ENGAGEMENT SOLUTIONS, ENTERPRISE INTELLIGENCE SOLUTIONS, SECURITY INTELLIGENCE SOLUTIONS, VOICE OF THE CUSTOMER ANALYTICS, NEXTIVA, EDGEVR, RELIANT, VANTAGE, STAR-GATE, ENGAGE, CYBERVISION, FOCALINFO, SUNTECH, VIGIAは、米国Verint Systems Inc. および子会社の登録商標または商標です。その他の記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。


verintロゴ Copyright © 2017 Verint Systems Inc. All rights reserved worldwide.

トップ