プレスリリース

プレスリリース

ベリント、ワークフォース最適化と通話録音ソリューションにおけるマーケットシェアのリーダーに認定

DMGコンサルティングの調査でベリントがコンタクトセンター分野で7年連続1位、バックオフィスソリューション分野でも1位を獲得、欧州やアジアパシフィック地域ほかでその強さを発揮

2018年7月26日

カスタマーエンゲージメントカンパニーのベリントシステムズ(NASDAQ上場:VRNT、米国ニューヨーク州メルビル)の日本法人、ベリントシステムズジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:古賀 剛、以下 ベリント)は、DMG Consulting LLCの新しい調査で2018年もワークフォースエンゲージメントソリューションのリーディングカンパニーとして評価されたことを発表しました。2018年コンタクトセンターワークフォース最適化(WFO)市場シェアレポートで、ベリントがワークフォース最適化市場のシェアリーダーとして挙げられています。このレポートは、2017年に世界の39社のWFOベンダーの市場シェアを分析したものです。


今年のDMGコンサルティングの調査において、ベリントは16のカテゴリーのうちの10のカテゴリーでWFOリーダーにランクされました。 主な注目点は次のとおりです。

● ベリントはWFOと通話録音ソリューションにおいて7年連続で首位を獲得。ベリントは2011年以来、WFOと通話録音ソリューションのマーケットシェアでも首位にランクイン。

● ベリントはバックオフィス/支店・営業店、品質保証/品質管理、ライセンス/ソフトウェア、サービス、直接販売売上市場シェア、間接販売売上市場シェア、統合通話録音、非コンタクトセンター通話録音など、9つの追加カテゴリーでもトップシェアを獲得。

● ベリントは3つの地域においてWFOにおけるリーダーの地位を確保。同社は2年連続で、ヨーロッパ、アジアパシフィック、その他の地域(カリブ海、ラテンアメリカ(CALA)、中東、アフリカ(MEA)を含む)のマーケットシェアで首位を獲得。

● ベリントはバックオフィス/支店・営業店、非コンタクトセンターでの通話録音においては実質上のリードを保持。バックオフィス/支店・営業店部門で売上高/市場シェアで60.3%を占めており2位との差が25.1%とリーダーシップ性を発揮。また非コンタクトセンターでの通話録音においてのマーケットシェアは71.8%を占め、2位との差が17.6%。


ベリントの戦略業務担当ジェネラルマネージャであるNancy Treasterは次のように述べています。 「この最新の調査でベリントは、コンタクトセンター、バックオフィス、支店・営業店の運用における顧客エンゲージメントソリューションのリーダーシップを示しています。グローバルに展開している当社の顧客は、ベリントの顧客エンゲージメントソリューションが提供する可視化、分析、自動化による価値と差別化のポイントを評価し、導入を進めています。AI(人工知能)、チャットボット、RPAなどの自動化により、従業員と企業が共に信頼し繋がるための革新的なソリューションに焦点を当てて、世界中の最新の市場動向や新興投資分野の分析を行っています」

このレポートでの今年の収益分析に驚きはありませんが、今日の市場状況を深く分析しています。DMGコンサルティング社長のDonna Fluss氏は次のように述べています。
「WFO市場は40年の間、驚くべき変化を経験しています。通話録音と応対品質評価の単独のソリューションから始まり、より多くの機能を持つスイートに変化し、現在は自動化とAIによる進化したソリューションが提供されています」



ベリントシステムズジャパンについて

ベリントシステムズジャパン株式会社は、The Customer Engagement Company™を標榜する米国本社ベリントシステムズの日本法人として、ベリントシステムズが開発するワークフォース最適化ソリューション、セルフサービスによる情報支援ソリューション、顧客の声活用ソリューション、不正検知・コンプライアンスソリューションなどの日本国内における販売、コンサルティング、サービス業務を行っています。


ベリントシステムズ(Verint Systems Inc.)について

ベリントシステムズ(NASDAQ:VRNT)は、カスタマーエンゲージメント最適化、セキュリティ インテリジェンス、および不正、リスク、コンプライアンスにフォーカスした、アクショナブルインテリジェンス ソリューションとその付加価値サービスのグローバルリーダーです。今日、フォーチュン100企業の85%以上を含めた180ヶ国以上10,000を超える企業や団体が、ベリントのソリューションを利用して、情報に基づいた効果的な意思決定をタイムリーに行っています。アクショナブルインテリジェンスを活用することで、どのようにスマートな世界を創造するか、詳細につきましては https://www.verint.com/ をご覧ください。



出典:DMG Consulting LLC:コンタクトセンターワーフォース最適化市場シェアレポート(2018年5月)


本プレスリリースは将来の予測に基づいた記述を含み、この中には期待、予測、見解、機会、計画、戦略、信念による記述や、ベリントシステムズに関して同様の影響を及ぼす記述が含まれています。これら将来の予測に基づいた記述は、未来の業績を保証するものではなく、数々のリスクや不確実性が含まれた経営上の予測に基づいています。このリスクと不確実性によって、実際の結果が将来の予測に基づいた記述によって明示的又は黙示的に表現された内容とは異なるものとなってしまう可能性があります。


本資料に記載されているVERINT, ACTIONABLE INTELLIGENCE, MAKE BIG DATA ACTIONABLE, CUSTOMER-INSPIRED EXCELLENCE, INTELLIGENCE IN ACTION, IMPACT 360, WITNESS, VERINT VERIFIED, KANA, LAGAN, VOVICI, GMT, VICTRIO, AUDIOLOG, CONTACT SOLUTIONS, OPINIONLAB, CUSTOMER ENGAGEMENT SOLUTIONS, ENTERPRISE INTELLIGENCE SOLUTIONS, SECURITY INTELLIGENCE SOLUTIONS, VOICE OF THE CUSTOMER ANALYTICS, NEXTIVA, EDGEVR, RELIANT, VANTAGE, STAR-GATE, ENGAGE, CYBERVISION, FOCALINFO, SUNTECH, VIGIAは、米国Verint Systems Inc. および子会社の登録商標または商標です。その他の記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

^