プレスリリース

プレスリリース

ベリントのインテリジェントセルフサービス自動化機能が、業界で権威のある2つのアワードで最優秀賞を受賞

2018「最優秀AIソリューション賞」 と「次世代技術革新年間最優秀賞」を受賞

2018年9月11日

カスタマーエンゲージメントカンパニーのベリントシステムズ(NASDAQ上場:VRNT、米国ニューヨーク州メルビル)の日本法人、ベリントシステムズジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:古賀 剛、以下 ベリント)は、同社のインテリジェントセルフサービスのポートフォリオにおいて、業界で2つの高い評価を受けたことを発表しました。ベリントが継続してカスタマーエンゲージメントの自動化についてのリーダーシップを担っていることを示すものとなっています。


♦ 世界の人工知能(AI)市場において、トップの企業、技術、製品を認定する第三者機関であるAI Breakthroughから「最優秀AIソリューション賞」を受賞

♦ コンタクトセンターの専門家のイベントの主催や毎年コンタクトセンターの作業手順の標準化の改革や自動化を推進する企業表彰をする組織であるCustomer Contact Week (CCW)から「次世代技術革新年間最優秀賞」を受賞


どちらの賞も、企業やコンタクトセンターに世界最高レベルのカスタマーエクスペリエンスを推進する自動化機能を備えた製品が、AIを利用したセルフサービスにおいて画期的な成果を認められ、贈られたものです。*
AI Breakthroughは、2,500以上のノミネートされた製品の中ですべての分野での激しい競争があったことを踏まえ、ベリントのカスタマーエクスペリエンスへの貢献を称賛しています。「自然言語認識とチャットボット ソリューションの分野で驚異的な成長を見てきましたが、ベリントのソリューションは、音声セルフサービス、バーチャル アシスタント、ウェブセルフサービス、カスタマーコミュニティなどの機能を装備することで、優れたAIと自動化によるカスタマーエクスペリエンスを提供しており、その能力は際立っています。」と、AIブレークスルーのディレクター、James Johnson氏は述べています。「『最優秀AIソリューション賞』は、プログラムの看板アワードの1つで、これをベリントが受賞したことは喜ばしいことです。ベリントのチーム全員が真に業界で評価されたことの表れです。改めておめでとうございます。」 CCW Digitalの編集長でディレクターのBrian Cantor氏は、最近の記事の中で受賞者について同様に賞賛しています。「今日のビジネスリーダーは、カスタマーエクスペリエンスの重要性を認識しています。CCW最優秀賞は、トレーニングや開発、文化、技術革新、すべてのコンタクトセンター戦略に貢献した個人やチームを賞賛するもので、現代の自動化された技術システムを通じて世界最高のカスタマーエクスペリエンスを提供する人たちを表彰しています。



コンタクトセンターの中核にリアルタイムで共有できるインテリジェンスを設置

ベリントの対話型 AIプラットフォームは、チャネル全体で顧客が好むセルフサービスオプションが拡張できる新しいレベルのカスタマーエクスペリエンスを提供するため、インテリジェント バーチャル アシスタント(IVA)(特にスマートチャットボット)を利用してセルフサービス全体をまとめて管理します。インテリジェント セルフサービスは、Webチャット、Facebook Messenger、スマートフォンアプリ、SMS、Amazon Alexa、オンラインカスタマーコミュニティなどのユーザーインターフェースを利用した自動化により効率性を提供することで、顧客やコンタクトセンターの従業員が、迅速かつ正確なサービスをより簡単に手に入れることができます。
音声とデジタルチャネルでのやり取りをすべて管理し学習するAIを活用した共有インテリジェンスを提供するというビジョンに基づいて、ベリントは自動化、自然言語認識、音声とデジタル両方を管理するためのツールに対して投資を行い、Verint Intelligent Self-Service(インテリジェントセルフサービス)を強化しています。リアルタイムに共有できるインテリジェンスな情報を企業の中核に置くことで知見を提供し、セルフサービスによる顧客とのやり取りからコンタクトセンターのエージェントへのエスカレーションへ繋ぐなど、顧客の次の質問を予測し、満足のいく顧客体験を提供します。
ベリントの上級副社長兼戦略業務担当ジェネラルマネージャであるNancy Treasterは次のように述べています。「我々は今以上に、コンタクトごとの平均処理時間とコストを抑え、収益を増やし、顧客が自動化を最大限に活用しつつ少ない労力で目標を達成できるよう、企業の変革を支援しています。 これは顧客体験を成功に導く大きなステップです。」


ベリントシステムズジャパンについて

ベリントシステムズジャパン株式会社は、The Customer Engagement Company™を標榜する米国本社ベリントシステムズの日本法人として、ベリントシステムズが開発するワークフォース最適化ソリューション、セルフサービスによる情報支援ソリューション、顧客の声活用ソリューション、不正検知・コンプライアンスソリューションなどの日本国内における販売、コンサルティング、サービス業務を行っています。


ベリントシステムズ(Verint Systems Inc.)について

ベリントシステムズ(NASDAQ:VRNT)は、カスタマーエンゲージメント最適化、セキュリティ インテリジェンス、および不正、リスク、コンプライアンスにフォーカスした、アクショナブルインテリジェンス ソリューションとその付加価値サービスのグローバルリーダーです。今日、フォーチュン100企業の85%以上を含めた180ヶ国以上10,000を超える企業や団体が、ベリントのソリューションを利用して、情報に基づいた効果的な意思決定をタイムリーに行っています。アクショナブルインテリジェンスを活用することで、どのようにスマートな世界を創造するか、詳細につきましては https://www.verint.com/ をご覧ください。


* ベリントの「AI Breakthrough」と「CCW」アワードは2018年6月に受賞しました。


本プレスリリースは将来の予測に基づいた記述を含み、この中には期待、予測、見解、機会、計画、戦略、信念による記述や、ベリントシステムズに関して同様の影響を及ぼす記述が含まれています。これら将来の予測に基づいた記述は、未来の業績を保証するものではなく、数々のリスクや不確実性が含まれた経営上の予測に基づいています。このリスクと不確実性によって、実際の結果が将来の予測に基づいた記述によって明示的又は黙示的に表現された内容とは異なるものとなってしまう可能性があります。


本資料に記載されているVERINT, ACTIONABLE INTELLIGENCE, MAKE BIG DATA ACTIONABLE, CUSTOMER-INSPIRED EXCELLENCE, INTELLIGENCE IN ACTION, IMPACT 360, WITNESS, VERINT VERIFIED, KANA, LAGAN, VOVICI, GMT, VICTRIO, AUDIOLOG, CONTACT SOLUTIONS, OPINIONLAB, CUSTOMER ENGAGEMENT SOLUTIONS, ENTERPRISE INTELLIGENCE SOLUTIONS, SECURITY INTELLIGENCE SOLUTIONS, VOICE OF THE CUSTOMER ANALYTICS, NEXTIVA, EDGEVR, RELIANT, VANTAGE, STAR-GATE, ENGAGE, CYBERVISION, FOCALINFO, SUNTECH, VIGIAは、米国Verint Systems Inc. および子会社の登録商標または商標です。その他の記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

^