プレスリリース

プレスリリース

ベリント、ガートナー社の「ワークフォースエンゲージメント管理のマジッククアドラント」で12期連続リーダー企業に認定

2020年3月11日

カスタマーエンゲージメントカンパニーのベリントシステムズ(NASDAQ上場:VRNT、米国ニューヨーク州メルビル)の日本法人、ベリントシステムズジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:古賀 剛、以下 ベリント)は、研究調査会社であるガートナー社(Gartner, Inc.)が発行したワークフォースエンゲージメント管理(Workforce Engagement Management、以降 WEM)のマジッククアドラントのレポート*でベリントがリーダー企業に認定されていることを発表しました。

 ガートナー社は、WEMマジッククアドラントのリーダー企業について「グローバルに導入しサポートを受けることができる広範な機能を持つ従業員エンゲージメントのソリューションを提供していること。そのソフトウェアは規模や複雑さを問わずあらゆる企業に適応でき、幅広い業界に対応していること。高い収益を得ており、既存の導入企業を参考事例としてすぐに紹介可能な状態であること。」と説明しています。

 レポートの共著者であり上級調査ディレクターの、Jim Davies氏とJim Robinson氏は次のように記述しています。「ワークフォースエンゲージメント管理ソフトウェアの出現により、数十億ドルのワークフォース最適化ソフトウェア市場が確立し発展したことが分かります。そこではカスタマーサービススタッフの運用パフォーマンスの改善に重点が置かれています。従業員のパフォーマンスを記録・評価して、最適な人員の数を予測しスケジューリングすることは、こうした機能領域にわたる緊密な統合やワークフローによって決定される主要な活動です。」さらに次のようにも述べています。「カスタマーサービスの目標を実現し、総体的なカスタマーエクスペリエンスを達成させるためには、これに従事する従業員が不可欠となります。」

 ベリントの社長であるElan Moriahは次のように述べています。「この認識でベリントのワークフォースエンゲージメント管理への取り組みが引き続き評価されると信じています。ベリントは、お客様や市場全体にビジネスインパクトをもたらすような革新を継続的に行ってきた実績があります。」

 カスタマーエンゲージメントカンパニー(Customer Engagement Company)として、ベリントは、企業が独自の顧客エンゲージメントプログラムを推進し、従業員の雇用や支援を行い、運用効率や収益の拡大を支援しています。ベリントの包括的な顧客エンゲージメントソリューションは、AI、自動化、クラウドを活用して、顧客との対話やワークフロー機能や高度な分析機能を提供しています。この分析機能により、顧客が、構造化・非構造化ビジネスデータをアクションにつなげる知見を得ることが出来ます。

詳しくは、https://www.verint.co.jpをご覧ください。


ガートナー社は、同社の研究出版物に記載されているベンダー、製品、またはサービスを保証するものではなく、また最も高い評価やその他指定のあるベンダーのみを選択するようにテクノロジーを使用するユーザーに助言するものでもありません。ガートナー社の研究出版物は、ガートナー社の研究機関の見解で構成されており、事実の表明として解釈されるべきではありません。ガートナー社は、この調査に関して明示または黙示を問わず、商品性または特定目的への適合性に関するいかなる保証も含め、すべてを保証するものではありません。



ベリントシステムズジャパン株式会社について

ベリントシステムズジャパン株式会社は、The Customer Engagement Company™を標榜する米国本社ベリントシステムズの日本法人として、ベリントシステムズが開発するワークフォース最適化ソリューション、セルフサービスによる情報支援ソリューション、顧客の声活用ソリューション、不正検知・コンプライアンスソリューションなどの日本国内における販売、コンサルティング、サービス業務を行っています。詳細につきましてはhttp://www.verint.co.jp をご覧ください。


ベリントシステムズ(Verint Systems Inc.)について

ベリントシステムズ(NASDAQ:VRNT)は、カスタマーエンゲージメント最適化、セキュリティ インテリジェンス、および不正、リスク、コンプライアンスにフォーカスした、アクショナブルインテリジェンス ソリューションとその付加価値サービスのグローバルリーダーです。今日、フォーチュン100企業の85%以上を含めた180ヶ国以上10,000を超える企業や団体が、ベリントのソリューションを利用して、情報に基づいた効果的な意思決定をタイムリーに行っています。アクショナブルインテリジェンスを活用することで、どのようにスマートな世界を創造するか、詳細につきましてはhttps://www.verint.com/ をご覧ください。


*出典:Gartner, Inc.社, 2020年2月20日発行、Jim Davies氏とJim Robinson氏によるワークフォースエンゲージメント管理のマジッククアドラント



プレスリリースに関するお問い合わせ:

ベリントシステムズジャパン株式会社
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-1 NK真和ビル8F
Tel: 03-6261-0970 Fax: 03-6261-0983
Email : verint_pr@verint.co.jp
URL : http://www.verint.co.jp
担当 : 大村(マーケティング)


本プレスリリースは将来の予測に基づいた記述を含み、この中には期待、予測、見解、機会、計画、戦略、信念による記述や、ベリントシステムズに関して同様の影響を及ぼす記述が含まれています。これら将来の予測に基づいた記述は、未来の業績を保証するものではなく、数々のリスクや不確実性が含まれた経営上の予測に基づいています。このリスクと不確実性によって、実際の結果が将来の予測に基づいた記述によって明示的又は黙示的に表現された内容とは異なるものとなってしまう可能性があります。


本資料に記載されているVERINT, ACTIONABLE INTELLIGENCE, MAKE BIG DATA ACTIONABLE, CUSTOMER-INSPIRED EXCELLENCE, INTELLIGENCE IN ACTION, IMPACT 360, WITNESS, VERINT VERIFIED, KANA, LAGAN, VOVICI, GMT, VICTRIO, AUDIOLOG, CONTACT SOLUTIONS, OPINIONLAB, CUSTOMER ENGAGEMENT SOLUTIONS, ENTERPRISE INTELLIGENCE SOLUTIONS, SECURITY INTELLIGENCE SOLUTIONS, VOICE OF THE CUSTOMER ANALYTICS, NEXTIVA, EDGEVR, RELIANT, VANTAGE, STAR-GATE, ENGAGE, CYBERVISION, FOCALINFO, SUNTECH, VIGIAは、米国Verint Systems Inc. および子会社の登録商標または商標です。その他の記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。


^